• トップページ
  • 物件情報
  • 【フラット35】S提携ローン
  • 企業情報

TVCM第一弾

加盟協会

うちなーらいふ

グーホーム

飯田グループホールディングス

株式会社アーネストワン

飯田産業

タクトホーム

アイダ設計

「立家すまいる」住まいのこだわり

立家すまいるの特長

ライフスタイルの多様化を見据えたプランニング。

家族構成やさまざまなニーズに対応し、多彩なプランをご提案。選択肢が広がる住まいを目指しています。

長く続く安心、充実のアフターサービス

管理会社を通じて、施工会社と共に、専門のスタッフが、共用部分・専用部分のアフターサービスの内容・進捗状況を管理しております。

安心の土台づくり

地盤調査から生まれる、沈まない家。

住宅に不同沈下(地盤が家の重さに耐えられず不均等に沈下すること)等の事故が発生すると、その修復は大掛かりなものとなります。このリスクを減らすために当社が提供している製品は地盤調査を外部機関に委託して実施し、その調査データに基づいて地盤改良(補強)工事を行います。

スウェーデン式サウンディング試験

木造住宅建設の際の地盤調査において、よく用いられるのがスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)です。深さ10mまでの地盤の固さを測定することができます。地盤調査は、建物の形状と建てる位置が決まってから行います。同じ土地でも、位置によって地盤の固さが異なる場合があるからです。北側は3mで固い地盤まで届くのに、南側では6mまでは軟らかい層があるということもあります。当社が提供している製品では、地盤調査データに基づき、この地盤の共通杭を選定し使用するなどして、地盤改良を行います。

100%ベタ基礎への、こだわり。

より丈夫な基礎(土台を支えるコンクリートの部分)を築くために、家と同じ床面積を持つ基礎コンクリートによって建物の荷重を地盤に伝える「ベタ基礎」工法を採用しています。「ベタ基礎」は、建物の下一面にコンクリートを打つ工法。昔ながらの土台に沿ってコンクリートを打つ「布基礎」よりもコストがかかりますが、当社が提供している製品はあえて「ベタ基礎」にこだわっています。

ベタ基礎立ち上がり部分幅の比較 安心基準

基礎の立ち上がり部分の幅を30mm大きく取ることで基礎にかかる上下の力(せん断力)に対抗する力がまし強い基礎ができます。

建築基準法の基準:120mm程度
当社が提供している製品:150mm(外周・内部とも)

木造住宅の基本の「き」。天端、土台墨。

「土台が狂わなければ上物も狂わない」。この考えのもと土台確認を徹底。自社の現場管理者が責任をもって天端(てんば)レベル確認作業および土台墨(どだいずみ)作業を行います。天端レベル確認とは、基礎コンクリートや木の土台の高さや水平をきちんと測定すること。当社が提供している製品では、コンクリート基礎で一度、土台でもう一度天端レベルを確認することが現場管理者に義務づけられています。この際、測量機を使って正確に測定しています。さらに、コンクリートの基礎の上に置く土台を正確に中央に設置し、そのセンターをアンカーボルトで固定させるために、土台墨作業を徹底しています。

気くばり品質

給気口、畳、防腐材にも気くばり品質。

メンテナンスにも健康にも配慮して住む人の視点に立った工夫が盛り込まれています。

意外に知られていないのが、給気口にあるウェザーキャップが取り外せること。簡単に取り外せる利点は、給気口のお手入れをお客様自身でできることです。

畳は次世代畳として注目されるダイヤロン畳。退色しにくい上、ダニやカビの発生も抑えます。

建材に使われる防腐・防蟻剤は健康にも配慮している上に、乾式注入という特別な加工法がとられ、木材から薬剤が揮発することがありません。

点検口も、安心への配慮。

1階の部屋の数カ所に「ホールダウン点検口」が設けられているのも、当社が提供している製品の木造住宅の大きな特長です。家の構造を支えるホールダウン金物が緩んでいないかをチェックし、緩んでいる時はお客様の手で締め直すことができるようにするために設けられています。ホールダウン金物とは、コンクリートの基礎と柱を連結する重要な部品です。木造住宅のホールダウン金物は体に感じない地震や風などで緩んでしまうことも分かっており、当社が提供している製品の耐震実験結果からもしばしば緩むことが確認されています。より安心で安全に暮らしていただくために設置した点検口。これは、当社が提供している製品自慢の一つです。

漏水・防水にも、独自の対策。

木造住宅の従来工法でよく使われてきたのは、防水シートと防水テープによる施工方法。木造の家は想像以上に雨に弱い。また、万一漏水が起きた場合は、その補修・改修に多額の費用が発生します。当社が提供している製品では、あらかじめ漏水の可能性が高い箇所へは、一体型防水カバーを用い、防水・漏水対策に努めています。また、棟違いの屋根と屋根を繋ぐ板金も工場で同一規格で製造したものを用います。従来の工法では、一棟ごとに建築現場で手作業で制作していましたが、品質のばらつきが大きく、漏水の原因になることもあったため、 メーカー共同開発板金に仕様を統一しています。

地震に強い家

耐震 + 制震の家、QUIE(クワイエ)。
震度7の揺れに鍛えられた、ふたつの備え。

当社が提供している製品の2階建分譲住宅は、建築基準法で定められた壁量の1.5倍に達する十分な性能を誇っています。さらにその耐久性を上げるために、共同開発による制震装置(SAFE365)を完成。その制震装置を搭載することで、制震住宅のコストを下げることにも成功しています。地震の揺れに耐える「耐震性能」と、揺れを抑えて住宅へのダメージを軽減する「制震性能」を兼ね備えた建売住宅ブランド「QUIE」 。ふたつの備えで、お客様の家を守ります。

震度7の地震波による実大振動実験

実験概要
建物:木造軸組工法による2階建て/比較:1階部分に制震ダンパー有りと無しの比較/建物形状:3.6m×5.4m/建物重量:1階45.0kN、2階23.9kN/入力波:BCJ L2 200%/試験実施日:2013年12月25日、26日

制震装置(SAFE365)の優れた特長実用新案「登録第3193710号」

地震の揺れを抑え、耐震性能を維持。

木造住宅の弱点は、ある程度の耐震構造を持っていても中規模地震(震度5弱程度)の揺れを繰り返し受けるとその耐震性能を弱めてしまうことにあります。住宅の持っている、もともとの耐震性能を維持していくために重要な役割を果たすのが制震装置です。共同開発の制震装置SAFE365は、粘弾性素材を活用したもの。この素材は高層ビルの制震装置にも使われており、優れた地震エネルギーの吸収を実現(震度6強を最大67%低減 ※1)。さらに、最大震度6強クラスとなる120秒間続く地震を約200回受けても制震性能は衰えないと実証実験で分かっています。※2

  • ※1 SAFE365は、入力波:BCJ L2 175%の加振(震度6強)で揺れを最大約67%低減できることが証明されました。
  • ※2 入力地震波:BCJ L2 175%の加振において、実大振動実験で得られた各方向に搭載された制震壁のダンパー部分の変位を制震壁の疲労試験結果にあてはめて耐久回数を算出したものであり、約200回の揺れを経験しても、その制震性能は衰えないと考えられます。
  • 注意 実大振動実験及び制震壁の疲労試験の結果によるものであり、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

全戸の基礎の主筋に、16mm鉄筋。

通常の木造住宅のベタ基礎工事においては、13mm鉄筋が多く使われます。しかし、当社が提供している製品では自主基準として全戸の基礎の主筋に16mm鉄筋を採用。16mm鉄筋を用いて子会社アーネストウイング社によって生産されるユニット鉄筋を使用した基礎は、強度比較試験において建築基準法で定められた配筋による基礎の強度を大きく上回っています。

物件掲載サイト

ホームズ・YAHOO!不動産etc(約20サイト掲載中)

  • うちなーらいふ
  • グーホーム

▲ページトップへ